集藏體 Archive 


集藏體 archive

「集藏體」とは、ミシェル・フーコー『知の考古學』における“archive”の譯語である。

譯語については譯者・中村雄二郎による「主要用語解説」がある。この用語集は邦譯『知の考古学』初版の卷末にあるが、その後の改版からはなぜか削除されて見られなくなったものだから、ここに引いておくのもまるで無益ではあるまい。

集蔵体 archive

フランス語の通常の用法では、「アルシーヴ」は複数形 archives しか使われない名詞で、「古文書」「記録」「古文書保管所」などを意味するが、フーコーは、単数形化することで、まったく新しい概念内容を盛っている。単数形での「アルシーヴ」の意味するところは、本書第三章第五節(とくに一九九ページ以下)で述べられているが、本書に先立つ二つの論稿で、フーコー自身がより簡潔、かつわかりやすく、その内容を述べているので、それを紹介しておこう。「この語〔アルシーヴ〕によってわたしが意味するのは、或る一定の時代に集められえた、あるいはこの時代から消去の災難を乗り切って保存された、大量のテキストのことではない。それは或る時代、或る一定の社会において、〔言説や言表についてのさまざまな限界や形式を規定する〕諸規則の総体(アンサンブル・デ・レーグル)である」(『エスプリ』誌一九六八年五月号、八五九−八六〇ページ)。また、「わたしが〈アルシーヴ〉と呼ぶのは、一つの文明によって保存されえたテキストの全体でも、災害にもかかわらず救い出しえた名残り〔痕跡〕の総体でもなく、一つの文化のなかで、諸言表の出現と消滅を決定し、それらの残存と消失、〈出来事〉と〈事物〉についてのそれらのパラドキシカルな存在を決定する諸規則の働き(ジユ・デ・レーグル)である」(『カイエ・プール・ラナリーズ』第九号、一九ページ)。本書(『知の考古学』)でも、「諸言表の出現を独自な出来事として支配するシステム」という表現も見られる。したがって、要するに、「諸言表を整序する諸規則の集蔵体」を意味するものと考え、この単数形の「アルシーヴ」に「集蔵体」の訳語をあてた。「規則体」あるいは「規則系」という訳語も考えてはみたが、それではあまり複数形の原意とも離れてしまうので、複数形の単数形化を抽象化をも意味すると考え、さらにその抽象化の内容として、集蔵されるものが、直接の、なまの記録やテキストではなく、言表や言説について整序する諸規則(ヽヽヽ)諸システム(ヽヽヽヽヽ)と解することにして、その意味での「集蔵体」の訳語をあてることにした。なお「考古学(アルケオロジー)」が「アルシーヴ」の学であることについては、「考古学」の項を参照。

ちなみに考古學との關係を言ふなら、譬喩拔きの本物の「考古學」において、フーコーの「知の考古學」を適用した論考が出て來てゐる。これには意表を突かれた。

なほ『知の考古学』の副讀本として豊崎光一「砂の顔 「アルシーヴ」と「文学」をお奨めしておく(就中アルシーヴをめぐる「Ⅰ」のみでも讀まれんことを)。

アルシーヴ(archive)とは何〔であるの〕か? ――だが、こういう形で問いかけることは、たちまちわれわれを「言表(エノンセ)」についてと同じ困難に陥らせる。「言表」と同様、「アルシーヴ」も、その実体(ヽヽ)としての「何」よりも、その「機能」が問題であるような語なのである。[……]

したがって、フーコーが、例のごとく、まず否定と排除によってこの語の意味するところを限定しようとし、「アルシーヴ」はいわゆる「古文書」そのものでも、それを収め保存する場所、図書館の類でもない、と言うとき、実体(ヽヽ)としてまったく別のものを考えているととってはなるまい。実体(ヽヽ)としてなら、それは文書の形で、したがって定義上古文書館ないし図書館の中に、見出される。ところが、まさしく、「アルシーヴ」は実体を指す語ではなく、機能を示す語なのだ。

このことを頭に置いた上で、フーコーの言を聴こう。――[……]

――豊崎光一『砂の顔』(小沢書店、1985)109頁〜

アーカイヴ

フーコーの提唱に係る概念としてのアルシーヴ(佛語・單數形)もさることながら、實體としての本來のアーカイヴそのものについても、單なる古文書館といふ意味以上に再評價しようとする向きもあるやうだ。

ここで注目したいのが、アーカイヴという発想である。本来アーカイヴとは、特定の主題に関して、図書形態化されていないドキュメント(主として一次資料)を収集・保存・管理する機関であり、知識を獲得するための、どちらかというと地味で伝統的な手法に基づく資料館ではあるが、その古さがかえって今日では、肥大化し硬直した近代の美術館・図書館・メディアセンターなどの制度を打破しうる新しい可能性を秘めているともいえる。

――鷲見洋一「マルチメディアの哲学と理論―2  ― アーカイヴ構築の提言」
慶応義塾大学SFC研究所ディジタルメディア基盤・応用研究センター
『創造的ディジタルメディアの基礎と応用に関する研究
平成9年度科学研究費補助金(COE形成基礎研究費)研究報告書

ほぼ同趣旨の發言は下記にも見られる。「[…(殆ど同文)…]などの制度を打破しうるトポスとなってもいる。本企画では、このアーカイヴ概念を拡張して、書物や考古資料のほかに、」云々。

アルシーヴはWWWの夢を見るか

……Now Printing


【書庫】補註 > 集藏體

▲刊記▼

發行日 
2001年6月 開板/2001年7月11日 改版
發行所 
ジオシティーズ カレッジライフ(舊バークレイ)ライブラリー通り 1959番地
 URL=[http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/1959/notes/archive.htm]
編輯發行人 
森 洋介 © MORI Yousuke, 2001. [livresque@yahoo.co.jp]
亂丁落丁(リンクぎれ)、誤記誤植、刷りムラ等、お氣づきの點は、乞ふ御一報